前へ
次へ

不動産売却時には余裕のあるスケジュールを立てる

不動産売却時に必要な事はいくつかありますが、そのうちの1つが不動産売却を完了させるまでに余裕を持つことです。無理なスケジュールで不動産売却をしてしまうと、どこかで無理が出てしまい失敗する可能性が高まります。これを避けるためには、ある程度不動産売却時に無理をせず時間をかけて行うべきでしょう。不動産売却を急いで失敗するパターンの1つは、早く売ろうとして安値で売ってしまう場合です。例えば本来20000000円で売れるものを18000000円で売ってしまったとすれば2000000円損をしているのと同じになります。それ以外でも、焦って不動産売却をしようと考えていい加減な不動産売却業者を選んでしまい、様々なトラブルが生じるケースも少なくありません。ではどれぐらい余裕を持ったら良いかと言えば、少なくとも売却予定日の3ヶ月前から半年前ぐらいに行動するのが良いです。その辺から不動産会社を見つけ始め、不動産会社と交渉して査定額などを出し売却の準備をスタートするわけです。

Page Top