前へ
次へ

不動産売却の時期の決定は慎重さが必要

マンションや一戸建てを所有している人が、新たなマンションや一戸建てを購入し、引っ越しを行う場合は不動産売却の時期をしっかりと計画的に決めておく必要があります。先に不動産売却を行った後に新たな不動産を購入すると、購入までの間の住まいが必要になり、2回引っ越しをすることになります。しかし、不動産売却が終わっているので資金計画はたてやすくなります。逆に、新たな不動産を購入してから不動産売却を行う場合は、不動産売却から購入の間に中間の住居を確保する必要はく、直接転居出来ます。しかし、新たな不動産の購入に充てる資金に不動産売却から得ることになる資金を直接充てることは出来ません。繋ぎ融資などを利用することによって別途資金を調達する必要があります。不動産売却を新たな不動産購入の前で行うか後で行うかによって、それぞれメリットとデメリットがありますので、状況を考慮して不動産売却の時期を慎重に決定する必要があります。

Page Top