前へ
次へ

親から譲り受けた家や土地を不動産売却する場合

不動産売却の中でも特殊なケースがあります。自分ではなく親名義の家や土地を子供が相続することもあります。しかし、譲り受けた家や土地を使わないと劣化が進み維持費もかかります。利用する予定がないなら不動産売却を検討してみましょう。また、親が所有しているものの判断能力がなくなり自分で不動産売却できないこともあります。このような場合も子供が代わりに不動産売却することになるでしょう。日本では高齢化により、空き家のまま放置された実家や空き家が全国に多くあります。介護したり老人ホームに入居すれば費用が発生します。実家を不動産売却してその費用にしている方もいらっしゃいます。ただ、親名義の家を子供が不動産売却する場合は名義変更を行わなくてはいけません。相続人が複数いるとトラブルのもとになるので、きちんと決めることが必要です。親名義であっても不動産売却は難しいのです。分からないまま不動産売却すると会社に騙されてしまう可能性もあります。不動産売却に詳しい信頼できる会社に相談してどうするか決めていきましょう。

Page Top