前へ
次へ

不動産売却時に支払う税金を考慮する

普段の生活ではいろいろな税金を支払っています。買い物の時には消費税を支払いますし、給与などの所得を得たときには所得税を支払います。あまり機会はないかも知れませんが不動産売却をしたときにもいろいろな税金がかかり、その内容を知らずに不動産売却すると税金を多く払いすぎてしまうかもしれません。不動産売却において必ず支払わなくてはならない税金として登録免許税、印紙税、があります。登録免許税は登記における名義変更時にかかる税金で、買主が負担するなら払わなければいけません。印紙税は不動産売却における売買契約書に貼る印紙代になり、売却額によって変化します。不動産売却に必ず払うわけではありませんが、譲渡益が発生したときに払うのが所得税、住民税などになります。譲渡益は単に取得額と売却額の差ではないので、税理士などに相談する必要があるでしょう。また不動産売却のタイミングが不動産の保有年数の5年近くになるときも慎重に行う必要があります。

Page Top