前へ
次へ

不動産売却をするときの専任媒介契約の特徴

いらない物件がある場合やぶらなければいけない場合には、不動産売却の方法を採用することが必要です。不動産売却は、不動産売却を専門的に扱っている専門業者に任せるのが良いです。この時不動産売却における契約を結ぶわけですが、3種類の不動産売却の契約があることを知っておきましょう。不動産売却の契約の1つは、専任媒介契約と呼ばれるものです。専任媒介契約は、特定の不動産会社とだけ不動産売却の契約を結ぶ決まりがあります。つまり、いちど契約を結んだ場合一方的に解除をして別の不動産会社に依頼するようなことがあってはいけません。もしそのようなことをするならば、不動産売却の前の段階で違約金が発生してしまう可能性があります。不動産売却における報告義務は、2週間に1度とされています。不動産売却がうまくいっていてもうまくいっていなくても、その状況を依頼者に対して報告をする義務があるわけです。結果的に、依頼者も状況がわかりやすくなるでしょう。

Page Top